経堂:東京油そば専門店 鰐の油そばを食べてみた【ラーメンレビュー】

ラーメン大好きライザーです。

今回は経堂にある「東京油そば専門店鰐」という油そば専門店に行ってきました!

調べたところによると、どうやら本店は福岡(運営元の本社も福岡)にあり、それが経堂に新しく店舗を出したとのこと。

私は普段油そばをあまり食べないので、久しぶりの油そばに胸が高まります。

東京油そば専門店 鰐 店舗情報

店名 東京油そば専門店 鰐 経堂店
住所

〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-25-17

電話番号 03-6413-9366
営業時間 11:00〜23:00
※コロナウイルスの影響で営業時間が短縮されている場合があります
定休日 無休
公式Imstagram https://www.instagram.com/wani_aburasoba_kyodo/

今回訪れたのは平日水曜の18時過ぎ。

並びは全くなく、前客は1人でした。

ちなみに、私がちゃんとした油そばを食べるのはぶぶか以来。

ぶぶかといえば油そばブームの火付け役としてかなり有名で、カップ麺としても定期的に販売されるくらい人気も高いです。

吉祥寺:らーめん専門店ぶぶかの黒丸味玉油そばを食べてみた【ラーメンレビュー】

今回はこの油そばのスタンダードであるぶぶかとも比較しながらレビューしていきます。

メニュー

緑色の食券はテイクアウト用。

トッピングは豊富だが、一部マヨネーズやにんにくなど「無料でも良いのでは?」と思うモノもある。

大盛りチャレンジがあるらしく、最大並盛×10倍(イリエ盛)が存在し、これを完食すると無料券がもらえる日があるとのこと。

また、2日は追玉セット(温玉・ネギゴマ)、22日は油そば・辛油そば並盛/大盛りが500円に割引されます。

ちなみに、私が訪れたのは2日だったので、追玉セットが無料でした。

ライザーライザー

この“無料”の2文字に誘惑われてしまったんだなぁ

卓上調味料は左からお酢、ラー油、刻み玉ねぎ、ブラックペッパー。

それと、油そばの美味しい食べ方と油そばについての解説がカウンターに貼ってありました。

それとワニについての簡単な解説が右端に。

口コミ レビュー

2022年3月現在、Googleの口コミは17件に対して☆3.1、ラーメンデータベースのレビューはありませんでした(福岡の親知らず通り店は66.284ポイント)。

正直、評価自体はそこまで高くないです。

ただ、評価数自体が少ないので、現時点では何とも言えません。

東京味噌ラーメン萬馬軒花橙の味噌ラーメンを実際に食べてみた

※無料で追玉トッピング(温玉・ネギごま)をしました。

麺の量は大盛り(並盛×1.5倍の240g)。

まず、大盛り+追い飯でも少なく感じるレベル。

麺も東京の一般的な油そばと比較してかなり細く中太麺くらいの太さで、スルスルと余裕で行けちゃいます。

また、味付けも全体的に甘めで丸みのある味付けでした。

なので、初めて来た方でも2倍盛りくらいは全然食べられるかと。

次に「美味しい食べ方」の通り、熱々のうちにお酢とラー油をかけてぐちゃぐちゃにかき混ぜました。

まず、お酢は元々濃い味付けに丸みを持たせるために入れるモノなので、この油そばだとより甘めであっさりとスルスルと無限にいけそうな味付けになりました。

その反面、パンチが余り感じず、人によってはモノ足りさなを覚えてしまう可能性が高いです。

ライザーライザー

もしかしたら、温玉も原因の1つかもしれません

ラー油に関しては、かなり辛みは控えめなので、結構多めにかけても問題ありません。

といった感じで、油そば自体は全体的に甘めで丸みの味で無限に食べられるんじゃないかってレベルでスルスルといけちゃいました。

ただ、味付けがあっさりとしているので、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

最後に、追い飯も頂きました。

ぶっちゃけ、追い飯は100円の割にはかなり少ないです。

これならランチタイム無料、夕飯時でも50円で良いレベルの量。

まぁ追い飯自体は普通に美味しかったんですけどね。

トッピングや麺の量など全体的にちょっとコスパが悪いような気がしました。

参考までに、前回訪れた『東京味噌ラーメン萬馬軒 花橙』のご飯(100円)の量は、お茶碗一杯分とラーメン屋にしてはとかなり多かったです↓

油そばの評価

麺・・・麺は中太のモチモチ麺で、甘いタレのおかげで無限に食える。

メンマ・・・薄切りだが、コリコリとした触感がしっかりと残っている。

チャーシュー・・・ツナのような触感で味染みは控えめ。分厚めだが、細長く切ってあるので食べやすい。

まだまだ伸びしろのある油そば専門店

ということで、「東京油そば専門店 鰐」の油そばを食べてみました。

まず、味自体は全体的に甘めで油そばにしてはあっさりとしています。

そのせいか、無限に食べられるんじゃないかと錯覚するくらいスルスルといけちゃいました。

ただ、“素の状態”でも味があっさりとしていたので、お酢やラー油をかけてしまうと、完全にお酢とラー油だけの味になってしまう可能性が高いです。

タレの味自体は結構美味しいので、もっとタレの量を増やすか濃くするかなどをすれば、お酢やラー油をたっぷりかけても美味しくなるのではと個人的に思いました。

後はコスパの悪さですかね。

今回鰐で食べた油そばは「大盛り(1.5人前)の240g」だったのですが、ぶぶかの場合は「並盛で300g」もあります。

もちろん、価格はぶぶかの方が安いです。

まぁ経堂という立地もあるとは思いますが、とにかくコスパは悪く感じてしまったのが残念。

決して不味くはないので、今後どんどん改善していくことを期待したいです。